ウェブサービス(誹謗中傷編)

ネットの風評被害における企業の被害

  • ネットによる風評被害よってあたえられる企業の被害のひとつに求人に対する影響があります。

    数年前と比べて応募者が減ってしまった、途中で辞退されるケースが増えたということがあります。

    一概に原因を一つに絞ることはできませんが、往々にして、インターネットにて企業名で検索した際に、
    「ブラック企業」、「倒産間近」などの評判が立っており、採用活動の障害と考えられることがあります。

    企業の名前とそのセカンドキーワードとして一番多く使用するとされたのは「評判」だそうです。
    これについては良くも悪くも、いろいろな方の意見を参考にしたいということになるでしょうが、
    やはり企業担当者として、注意を払いたいところは「ブラック」や「2ちゃんねる」というキーワードです。

    このキーワードで導き出される検索結果は、その多くが"悪評"です。
    そして、真偽が定かでないものも多いですが、採用活動にあたえる影響は0ではないでしょう。

    今の就職・転職活動はOB・OG訪問の代わりとまでは言いませんが、
    インターネット上の情報サイトや掲示板などで、企業の評判を得られるサイトが数多くあります。
    そのようなサイトを参考にしながら活動を行うかたは半数以上いらっしゃるようです。

    もちろん、最終的には生の声を聴くことも重要かと思いますが、
    こういったインターネット上の情報源も企業情報を得るためには欠かせないツールとなっているようです。

口コミがあたえる影響ネットでの評判の重要性